広島市安佐南区の眼科 たけなか眼科

白内障手術

  • HOME
  • 白内障手術

日帰り白内障手術について

白内障は目の中の水晶体が濁って視力低下を起こす病気です。白内障手術はその濁りを取り除き、代わりに人工のレンズを目の中に入れる手術です。当院では日帰りによる白内障手術を行っています。点眼の麻酔で、10~15分程度で手術が終了し、帰宅していただけます。両眼の手術を行う場合は1週間程度の間隔をあけます。

手術方法について

1
黒目と白目の間に3mm弱の切れ目をいれます。

2
水晶体の透明な袋を円形にくりぬきます。

3
音波装置を使い、水晶体の濁った部分を砕きながら吸い取ります。

4
人工レンズを入れ、手術を終了します。

白内障手術の流れ

1 診察
一般的な眼科検査を行い、白内障手術の適応があるかを判断します。
手術をすることが決定すれば、術前検査・手術説明の予約をしていただきます。
※散瞳検査が必要になりますのでお車やバイクの運転以外でお越しください

2 術前検査・手術説明
手術に必要な眼科的検査や、血液検査などの全身検査をします。
その後、白内障手術の説明を付き添いの方と一緒に受けていただきます。
※手術に関しての不明な点や、心配なことは遠慮なく相談してください

3 手術の当日
付き添いの方と来院していただき、点眼薬で散瞳を始めます。1時間程度お待ちいただきます。必要に応じて点滴をとらせていただき、血圧などに異常がなければ麻酔用点眼をして手術室へ入ります。手術室のイスに座って頂くと背もたれが倒れイスがベッド代わりになります。

  1. 手術は一般的な白内障の場合は10~15分程度で終了します
  2. 術後は、塗り薬を入れ、ガーゼ、眼帯をしていただきます
  3. 術後20分程度は院内で安静にしていただきます

夜間に異常があれば緊急用携帯番号をお教えしますのでご連絡ください。

4 手術の翌日
ガーゼを外さないようにしていただき来院してください。

5 術後検診
術後の診察は基本的に診療日で翌日、翌々日と、術後1週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と定期受診が必要となります。場合によっては上記以外の診察が必要な時もあります。
術後1~2か月間は術後点眼が必要になります。