広島市安佐南区の眼科 たけなか眼科

緑内障

緑内障とは

緑内障は、眼内の圧(眼圧)が高いことが原因で、見える範囲が狭くなっていく病気です。見える範囲のことを視野といいますが、眼圧を下げることにより視野が狭くなることを抑制することができます。現在、日本の失明原因第1位となっています。

緑内障の分類

緑内障は大きく分けて開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障、また何らかの病気や薬によって起こる続発緑内障の3種類に分けられます。決して珍しい病気ではなく40歳以上の日本人の5%は緑内障であるといわれています。

① 開放隅角緑内障

眼球内には、栄養素などを運ぶ房水という透明な水が流れています。房水は眼の中を流れて、隅角という場所から排出されます。その出口の抵抗が高く、眼圧が上がるのが開放隅角緑内障です。なかでも眼圧は正常値であるにも関わらず視野障害が進行するのが正常眼圧緑内障で、日本人に多い病型です。

② 閉塞隅角緑内障

房水の出口がもともと狭い形状をしているのがこの型です。閉塞隅角緑内障の場合、使用してはいけない薬の制限がありますので注意が必要です。また急性発作という状態も引き起こす可能性があります。急性発作の症状については後ほどお示しします。

③ 続発緑内障

なんらかの病気や薬が原因となって起こる緑内障です。原因としては目の炎症や糖尿病などがあり、薬剤としてはステロイドがあげられます。

症状

初期から中期にはほとんど自覚症状はありません。かなり進行すると視野の狭まりが症状として現れます。また、さらに病状が進行して障害が中心に及ぶと、視力が低下していきます。