広島市安佐南区の眼科 たけなか眼科

硝子体手術

  • HOME
  • 硝子体手術

硝子体手術


硝子体とは

硝子体とは、眼の中のゼリー状の組織です。硝子体が網膜を牽引したり、硝子体の中に出血することによって視力に障害を及ぼします。硝子体手術の目的は、牽引している硝子体を切除したり、貯留した血液を除去することで、目を正常な状態に近づけ、視力を改善させることです。

手術方法について

硝子体手術は局所麻酔で行います。

1
目薬による麻酔を行った後に、白目の後ろにも注射の麻酔を行います。

2
眼球に3か所(あるいは4か所)、0.4mm程度の針のような穴を開けます。眼内を照明で照らしながら、出血や硝子体をカッターという器具で切除して、吸引します。増殖した膜がある場合には小さなピンセットのような器具で除去します。

3
網膜に孔(あな)がある場合や、網膜剥離がある場合には眼内にガスを入れ、網膜光凝固(レーザー治療)を行います。

4
ガスを入れた患者さんは術後数日間うつむき姿勢が必要になります。

硝子体手術の時は、白内障手術を同時に行うことが多いです。

硝子体手術の流れ

硝子体手術は局所麻酔で行います。

1 診察
一般的な視力検査などに加えて、点眼薬により散瞳を行い眼底(網膜)を詳しく診察します。硝子体手術が必要と判断されれば術前検査・手術説明の予約をしていただきます。
※散瞳検査が必要になりますのでお車やバイクの運転以外でお越しください

2 術前検査・手術説明
手術に必要な眼科的検査や血液検査などの全身検査をします。その後、硝子体手術の説明を付き添いの方と一緒に受けていただきます。
※手術に関して不明な点や、心配なことは遠慮なく相談してください

3 手術の当日
付き添いの方と来院していただき、点眼薬で散瞳を始めます。1時間程度お待ちいただきます。必要に応じて点滴をとらせていただき、血圧などに異常がなければ麻酔用点眼をして手術室へ入ります。
手術室のイスに座って頂くと背もたれが倒れイスがベッド代わりになります。

  1. 手術は一般的な硝子体手術の場合は30分から1時間程度で終了します
  2. 術後は、塗り薬を入れ、ガーゼ、眼帯をしていただきます
  3. 術後20分程度は院内にて安静にしていただきます
  4. うつむき姿勢が必要な患者さんは15-30分間うつむき姿勢後に帰宅していただきます。

夜間に異常があれば緊急用携帯番号をお教えしますのでご連絡ください。