糖尿病網膜症|広島市安佐南区のたけなか眼科|白内障・硝子体・緑内障の日帰り手術にも対応

広島市安佐南区の眼科 たけなか眼科

〒731-0138
広島市安佐南区祇園5丁目2番45
祇園クリニックビル302

082-850-2711

メニュー

糖尿病網膜症

  • HOME
  • 糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は、神経症や糖尿病腎症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、日本では中途失明原因の第2位の病気です。
 網膜は光や色を感じ取る組織で、栄養を補給するための細い血管が張り巡らされています。高血糖状態が続くと、血管がもろくなり、つまります。網膜の血流が悪くなると、網膜に破れやすい血管(新生血管)が生じます。新生血管は悪い血管で、眼内に出血をおこしたり、緑内障や網膜剥離をおこして、最終的には失明につながる病気です。

糖尿病網膜症の治療について

糖尿病網膜症は、進行によって初期、中期、末期とあります。初期~中期では症状が無い場合が多いです。糖尿病網膜症の初期では糖尿病の治療が重要になります。中期になり新生血管が生じた場合には網膜にレーザー光線を当てる治療を行います。レーザー治療を行っても、病状が末期に進行し、眼内に出血(硝子体出血)を起こした場合には硝子体手術を行います。
 知らないうちに症状が進行していることもありますので、まだ見えるから問題ないだろうという自己判断は大変危険です。当院では、患者さんの病状に合わせた処置をご案内致します。そのためにも、糖尿病がある方は定期検診を受けていただくことをお勧めします。