飛蚊症 | たけなか眼科

広島市安佐南区の眼科 たけなか眼科

〒731-0138
広島市安佐南区祇園5丁目2番45
祇園クリニックビル302

082-850-2711

メニュー

〒731-0138
広島市安佐南区祇園5丁目2番45
祇園クリニックビル302

082-850-2711

飛蚊症

皆さんは飛蚊症という症状をご存じでしょうか?耳にされたことはあるかもしれませんが、詳しくは知らない方もおられると思います。飛蚊症とはまさに目の前に蚊が飛んでいるように見える症状のことを言います。見え方によっては、ゴミのように見えたり、蜘蛛の巣のよう見えると表現される方もいます。
では飛蚊症の原因は何かと言いますと、目の中の硝子体という部分の濁りが原因なのです。多くの場合は加齢に伴う生理的な濁りですが、まれに網膜剥離などの重篤な病気のサインのことがあります(写真)。もしも網膜剥離であれば数日で失明に近い状態になってしまい、手術をしても視力があまり戻らないこともあります。
ですから、飛蚊症を自覚したときは早めに眼科を受診して目の奥に病気がないかを確認することが重要です。たけなか眼科では飛蚊症の詳しい診察はもちろん、万が一網膜剥離を生じていた場合には当院で手術を行なうことができます。飛蚊症が気になる方は早めの受診をお勧めいたします。

ページトップ